Mainページ 高気密・高断熱住宅を目指して > C工務店第1回打合せ

C工務店第1回打合せ

まずは申し込み手続きから

C工務店打合せ 第1回打合せ

2005年05月07日

C工務店T氏とE氏に家まで来て頂いて第1回目の打合せを実施しました。

工務店との交渉は初めてであったのですべてC工務店に進め方をお任せしていました。

第1回目の内容は

1)申込書の提出と申込金(15.000円)支払い。
2)建設予定地の視察

でした。
まず、正式に申し込む為、申し込み書と申し込み金を支払いました。
C工務店では以降の交渉を進める前に申込金を支払わなければなりませんでした。
これは言葉は悪いけど篩(ふるい)にかける感じですね。本気でない客は申し込み金を払うことには躊躇するでしょうから本気度の高い見込み客の選別の意味もあると思います。
そうする事で営業経費を抑えるようですね。

この申込金は正式契約後には印紙代に充当してくれるそうです。もし、契約に至らない場合は返金してくれます。

これはC工務店独自のものと思います。他の工務店では聞いたことがありませんので。


また、建設予定地を見て貰いました。一見ですが地盤は悪くは無さそうとの事です。

どこを見てそう判断したのか??


周りの家の壁やブロックに亀裂の有無で判断したそうです。


もちろん地盤は正式に調査をしなくてなりません。
でも地盤強化の費用は見込んでないのでひとまず安心といったところでしょうか。


また、こちらからも質問をしてみました。

1)坪単価にはバルコニーは含まれるのか?
→バルコニーは含まれなく別計算。しかし、本体工事のよりは単価は安い。

2)無垢桧4寸の背割れ材が構造材として使用するが狂いが生じ、外壁のヒビ、機密シートの破れが生じないか?
→確かに無垢材は若干の狂いが出るが乾燥材を使用し背割れを入れているので問題ないとのこと


Mainページ 高気密・高断熱住宅を目指して > C工務店第1回打合せ

投稿者 takaya : 2005年11月14日 05:22

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kenmin.biz/mt/mt-tb.cgi/91

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)