Mainページ ローコスト住宅への方針転換 > アキュラホー ムとの接触

アキュラホー ムとの接触

ローコスト住宅へ方針転換を決めてはみたもののどこの工務店やハウスメーカーと交渉をすればいいのか決めかねていました。

そんな中、近くの展示場で犬のショーのイベントがやってたので娘が喜びそうなので行ってみる事にしました。(2005年9月)

余談ですが住宅展示場では時折、子供向けのショーイベントを開催してくれるので小さい子供のいる家庭では利用価値ありですね。無料だし。

せっかく,展示場にきたので一軒くらい入ってみようと思い前々からローコスト住宅で気になっていたアキュラホームへ入って見ました。

入って見るとコテコテの脂っこい顔をした営業マンが接客してくれました。

アキュラホームはチラシなどで坪30万円台とローコストを前面に出していたのでどんな構造か聞いてみたところ

基礎;布基礎
土台;松
通し柱;米松の集成材
管柱;ホワイトウッド集成材
断熱;グラスウール
屋根材;スレート

高気密・高断熱と謳っていたので詳しく聞いてみると単に,グラスウールが厚くなるだけの事らしいです。
気密も高断熱仕様の断熱材(グラスウール)にすると気密をとり易くなるといった抽象的な話でした。


グラスウールを厚くしたから高断熱っていうの安易なようなきもします。
高断熱の定義があるわけでもないのでメーカーが高断熱と判断すればそう呼ぶのでしょう。

一応,間取り作成と見積もりだけをお願いして2週間後の次回打合せの時に見せて貰ったのですがここの営業マン私たちの話を聞いていたのだろうか?と疑いたくなるような内容でした。

前回の打合せの時に大体の間取りとこちらの希望を伝えておいたのに提示された間取りは希望が全然反映されていない(`m´#)

ちょっとひどい・・・
営業マンが家を作るわけではないのだけれど、こっちの話をまるで理解していないのか聞いていないのか知らないけどまったく理解に苦しむ人でした。

もちろんアキュラホームには後日、お断りの電話をしました。


Mainページ ローコスト住宅への方針転換 > アキュラホー ムとの接触

投稿者 takaya : 2005年12月03日 05:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kenmin.biz/mt/mt-tb.cgi/98

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)