Mainページ交渉術 > 相見積もりの方法

相見積もりの方法

大抵の方は初めから『この工務店(またはハウスメーカー)に決めた』
という方は少ないと思います。

数社から見積もりを取って価格を比較して1社に絞るという過程を通るのでしょう。

そして,1社に絞ったら他にはお断りの連絡をしなければなりません。

しかし,『断られてからが営業だぁー』とあきらめずに更なる営業攻勢を仕掛けてくる営業マンもいます 。

よく使われるフレーズが
『特別に上司に許可を取りました!』
『今月はノルマもまだ達成しないので特別に・・・』
『御提案させて頂いた金額から○○万円値引きさせて頂きますのでもう一度考え直してください!』


そうです・・・値引き合戦の始まりです。


そうすると私たちからすれば
今までの見積りはいったい何だったんだ?』と思いますよね。


単に,価格差だけで決めた場合にはまた考え直す必要が出てきます。
(他にも相手との相性とかもあるでしょうが。)


こんな2度手間を防ぐためには相見積りをする時に

見積りの提示は1回だけでお願いします。その価格で他社と比較して判断します。

と言ってみては如何でしょうか?


Mainページ交渉術 > 相見積もりの方法

投稿者 takaya : 2006年02月08日 05:51

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kenmin.biz/mt/mt-tb.cgi/150

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)