Mainページ 住宅ローン住宅ローン交渉過程 > フラット35 金利最安のSBIへ資料申請

フラット35 金利最安のSBIへ資料申請

インターネットを使い、一番手軽にアクセスできてフラット35で金利が最も低いSBIモーゲージへ資料申請を行いました。

まずはSBIモーゲージのホームページを開いてみます。

<$MTEntryTitle$>:<$MTBlogName$>

すると低金利を前面に押し出した表紙が現れます。
このページを下にスクロールしていくと


<$MTEntryTitle$>:<$MTBlogName$>

の表示があるのでここをクリック


<$MTEntryTitle$>:<$MTBlogName$>

利用の流れの一覧が表示されるので『次へ』をクリック


<$MTEntryTitle$>:<$MTBlogName$>
<$MTEntryTitle$>:<$MTBlogName$>

商品/物件を入力します。建物が新築の場合、『土地と建物』、『建物のみ』の何れかになると思います。私は『建物のみ』を選択しました。
更に、『次へ』をクリック


<$MTEntryTitle$>:<$MTBlogName$>

資金計画を入力するページになります。
)印は入力必須項目です。前年度年収がありますね。恥ずかしいけど入力しないわけにはいけません・・・
入社年月日まで記入するのは退職金の計算をするためでしょうね。
必須項目を入力したら『次へ』をクリック


<$MTEntryTitle$>:<$MTBlogName$>

資金計画確認画面になります。
上の図は私が入力したもので概略1600万円位は必要と踏んでいます。
返済は元利均等返済でボーナス払いは無しに設定しています。
内容を確認したら『かんたん審査へ』をクリック


<$MTEntryTitle$>:<$MTBlogName$>

かんたん審査入力画面となります。四角の赤枠内の項目をチェック、私は全部『はい』になりました。
注意点を読み、左下の確認をチェックし『次へ』をクリック


<$MTEntryTitle$>:<$MTBlogName$>

確認画面が表示されるので再度、『次へ』をクリック


<$MTEntryTitle$>:<$MTBlogName$>

審査結果が表示されます。見事、『融資基準を満たしておりました。』とのありがたいコメントをいただけます。

かんたん審査が終わると資料請求先などの情報を入力する項目に移ります。
では、『次へ』をクリック


<$MTEntryTitle$>:<$MTBlogName$>

まずは、個人情報を入力するので同意書です。『同意する』をクリック


<$MTEntryTitle$>:<$MTBlogName$>

続いて、入力画面へ写ります。
)印は入力必須項目です。例にならって記入します。
記入が終わり『次へ』をクリックすると


<$MTEntryTitle$>:<$MTBlogName$>

内容確認を行います。
そしてSBIモーゲージでは各自にIDとパスワードを与え自分専用のページを作成してくれます。今回記入した内容は専用ページで確認、修正が出来ます。
『次へ』をクリックすると


<$MTEntryTitle$>:<$MTBlogName$>

確認画面が出るので『OK』をクリック


<$MTEntryTitle$>:<$MTBlogName$>

以上で、登録完了です。
5営業日以内に借入申込書一式を送付してくれるそうです。

参考ホームページ
SBIモーゲージ


Mainページ 住宅ローン住宅ローン交渉過程 > フラット35 金利最安のSBIへ資料申請

投稿者 takaya : 2006年02月22日 06:31

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kenmin.biz/mt/mt-tb.cgi/173

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)