Mainページ 埼玉県民共住宅について 設計士打合せ > 資金繰りの苦労が始まる

資金繰りの苦労が始まる

契約が見えてくると資金繰りを本格的に行動しないといけなくなってきます。

埼玉県民共済の場合、契約時に契約金額の20%を1週間から10日の間に支払わなくてはなりません。

このお金を会社の住宅財形を考えていたのですが直ぐには降りないんですよね。

〆日と振込み日が決まっていて今月末の契約だと振込みは4月25日。

確実に振り込まれるので2週間くらい遅れても大丈夫なのか設計士さんに電話して確認したところ

『皆さん、親御さんから借りるなりして県民共済の指定の期日にお支払いしていただいています。原則、支払いの遅れは受け付けられません。』


・・・結構シビア

特に、1回目の支払いは厳しいようです。

親にはあまり迷惑をかけたくは無いのですが仕方ありません。借りることにしました。

これから契約を考えている方、、、1回目の支払いは現金で用意してあると安心ですよ。


Mainページ 埼玉県民共住宅について 設計士打合せ > 資金繰りの苦労が始まる

投稿者 takaya : 2006年03月15日 07:01

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kenmin.biz/mt/mt-tb.cgi/189

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)