« 2006年04月 | メイン | 2006年06月 »

2006年05月31日

土台工事(2)

5月29日 曇り

いつもより少し早く帰れたので現場へ直行すると大工さんが帰る支度をしている所でしたので話しかけてみました。

『こんにちは,施主の○○です。ご苦労様です。』

大工さんは二人いまして手前の人に話しかけたのですがこちらは口数の少ない無口な人でした。
反応は今ひとつかなと思いつつ

『今日もずいぶん進みましたね。ところで,これってどうして真ん中からずれているんですか?』

とこの間,疑問に思っていた

コンクリート立ち上がり部のアンカーのズレについて聞いてみました。

すると,

『ここは筋交いが来るんで筋交いの厚みの分だけずらしているんだよ。』

あ~そっか,なるほど。もっともです。一発で納得。


そうこうしているともう一人の大工さんも来てくれて話が出来ました。
こちらは少し太めで人の良さそうな感じの方です。

『根太のピッチも細かいんですね。大変でしょう。』

と話しかけると

『県民共済は30cm間隔だからね。大変だよ。』

『県民共済の家ってどう思いますか?』とさりげなく聞いてみる。

『施主には最高だろ。県民共済の値段知っているんだろ。大手のハウスメーカーの値段で2棟建つよ。この値段で頑丈な作りだしな。職人は大変だけどよ。
ここなんか全部ここまでビスで固定してあるんだよ。』

といって土台の上に置かれた木材に鉛筆で線を引いてくれました。


PA0_0157.JPG


確かに,縦横に並んだこの材料に全てビスを打つのは大変そうです。


では,本日の作業全景はこんな感じです。


IMGP2635.JPG


ダイニングとキッチン部分


IMGP2642.JPG


リビングです。


IMGP2644.JPG


和室


IMGP2645.JPG


床下収納


IMGP2643.JPG


自分以外には良く分からないでしょうね。すみません。

土台のつなぎ目です。


IMGP2646.JPG


アンカーボルトが十分に締め付けられています。
ボルトの位置も適正です。
どうしてそう言えるのか分かりますか?

この場合,右側の土台が上に来ているので上の土台側にアンカーボルトで締めるのが正解なのです。
下側の土台を締め付けても上側の土台の押さえにはなりませんから。
一通り,アンカーの状態を目視でチェックしました。


束の横でもワイヤーで固定しています。これは初めてみました。


IMGP2637.JPG


果たしてどの程度の効果があるのでしょうね。

火打ち土台が要所に据え付けてあります。


IMGP2638.JPG


火打ち土台の場所は一応,図面に記入して残しておきます。
床を張ったら見えなくなってしまうからね。

投稿者 takaya : 05:45 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月29日

土台工事(1)

5月27日 雨

今日から大工さんの工事となります。ですが早速の雨,雨,雨,,,

幸先悪いですね。

朝方は降っていなかったのですが10時過ぎ以降は本格的な雨となりました。
そんな中,作業をしてくれました。


IMGP2628.JPG


見事に雨に濡れています。
埼玉県民共済住宅ではこういったときにブルーシートで養生はしてくれないのですね。

でも,据付前の材料にはブルーシートが掛けられています。

IMGP2629.JPG


玄関の上にも置かれています。


IMGP2630.JPG


中を見ると土台の他にも大引きの木材が置かれています。
据え付けないのならブルーシートの中に入れれば良いのにと思うのは私だけではないでしょう。


IMGP2631.JPG


IMGP2632.JPG


土台にはこんな管理シールが貼られていました。


IMGP2633.JPG


薬剤名CYというのが施されているそうです。
一応チェクしておきましょう。


写真を撮影している時も雨が降っていました。
傘を差しながら下はぬかるみの悪条件の為,細かなチェックはしないで早々と引き上げました。

しょうがないとは言っても雨に濡れた木材を見ると悲しいですね。
乾燥材を使っていれば一度は水に濡れても晴れた日には水分を出すと分かっていても嫌な気分です。

でも,日本のような四季があり雨の多い国では仕方が無いでしょう。
雨の影響が少なくなるように変化していったのが木造在来工法でもありますし。

でも,もう雨降らないでねと祈っています。


投稿者 takaya : 23:48 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月27日

型枠外し・玄関コンクリ

5月26日 曇り

中三日の養生の後、無事型枠外れました。

IMGP2617.JPG


そして、玄関にもコンクリを打ってありました。


IMGP2619.JPG


これで基礎屋さんの仕事は終わりです。
どうもご苦労様でした。
結局、一度も会えなかったですが丁寧な仕事ぶりを感じました。

明日以降は大工さんの仕事となります。

投稿者 takaya : 21:31 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月26日

コンクリートの打設の注意点

基礎工事に大量に使われるコンクリート。このコンクリート打設の時に気をつけたいことは

1)打設時に雨が降らない事
  水分量が変ってしまうので設計通りの強度が出なくなります。極端に言うと『シャブコン』の状態になる場合も。
 シャブコンはコンクリートの流動性が良くなるので作業しやすく欠陥住宅の特集などでも何回か見たことがあります。
ちなみに,打設後の数時間して固まったのちの雨は気にしなくても良いそうです。むしろ水分があったほうがコンクリートが強くなるそうですよ。難しい事は分からないけれど。


2)養生期間
 建築基準法によると以下の通りになっているそうです。
 15℃以上 ;3日
 5から15℃;5日
 5℃未満  ;8日

 我が家の建築月は5月ですのでほとんど15℃以上の日が多いです。
 実際,我が家の養生期間は中三日となっていました。


専門家の人から見ればまだまだたくさんあるのでしょうが我々がチェックできるのはこの程度ではないでしょうか?

投稿者 takaya : 22:19 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月25日

コンクリート立ち上がり部

5月22日 晴れ


底盤のコンクリートの養生を中三日とり今日から立上部の配筋とコンクリートの打設を行っています。

まずは全体図


IMGP2601.JPG


近寄ってみると


IMGP2602.JPG


中央に円柱が出来ています。おそらく束の支えと思いますが後で現場監督に聞いてみます。

奥方向への配筋の様子


IMGP2603.JPG


更に,道路側の配筋の様子


IMGP2604.JPG


まっすぐ入っていて問題ないですね。

出来ればコンクリート打設前の状態で写真を撮りたかったのですが仕事もあり出来ませんでした。出来上がりの状態からは特に問題はなさそうですが後は信じるしかありませんね。


この部分は玄関なのですがこれは何でしょう?
意味不明です。これも後で質問!


IMGP2607.JPG


最後に,気になるかぶり厚をチェック。


まず基礎の配筋から


IMGP2610.JPG


約55mmあります。かぶりは40mm以上必須とのことですのでまあOKでしょう。

ちなみに反対側は約80mmくらい。

センターからずれているのですね。図面で見てもずれて書かれています。何か意味があるのかな?


こちらはアンカーのかぶり厚


IMGP2615.JPG


約48mm。こちらは基礎配筋とは反対方向にずれています。

基礎配筋とアンカーのズレ方向が反対。これでバランスを取っているのでしょうか?
これも現場監督に確認してみましょう。


このあとは中三日の養生に入りますので次の作業は26日に型枠外しになります。

投稿者 takaya : 21:44 | コメント (0) | トラックバック

コンクリート打設

5月18日 雨のち曇り

明け方は雨でしたが会社へ行く時間には既に止んでいました。何とか日中は雨が降らなかったので工事も順調です。
今日は,配筋の残りとコンクリート打設を行いました。

今日の,全体図です。


IMGP2561.JPG


IMGP2562.JPG


昨日と同様に手前左,右,奥右,左の順に見ていきます。


IMGP2563.JPG


IMGP2564.JPG


IMGP2565.JPG


IMGP2566.JPG


水周りが集中する奥右側に塩ビ管が設置されていますね。


底面部のこのワッカは何なのでしょう?


IMGP2567.JPG


束をこれで固定するのかな?


明日からまた天気は雨。中3日は養生するとの事なので今週の作業はおしまいです。


投稿者 takaya : 05:56 | コメント (0) | トラックバック

配筋

5月17日 曇りのち雨

午前中は何とか雨は降っていなかったのですが午後になり雨が降り出しました。
雨の中,配筋作業が行われ一日でこれだけ進みました。


IMGP2548.JPG


底面部はこのようになっています。スペーサーもしっかりとおかれています。
本には6cm以上あることと書かれています。スペーサアーの厚みを図るの忘れましたがたぶん大丈夫でしょう。


IMGP2549.JPG


各コーナー部です。
まずは手前左側


IMGP2550.JPG


次に手前右側。この部分は玄関になります。


IMGP2552.JPG


そして,奥右側


IMGP2553.JPG


奥左側。


IMGP2554.JPG


コーナー部の鉄筋の重なり2ピッチ以上あるので推測45cm以上はあります。
鉄筋の重なり部分は30cmは必要との事なのでこれもまたOKです。


中央部の配筋が残っているので明日はこの残り部分と雨が降らなければコンクリを打つのではないでしょうか。

投稿者 takaya : 05:41 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月17日

エコキュート補助金申請書届きました

エコキュート補助金申請申請書届きました。

既に、受理されたのはネットで確認できたのですが今日、申請書が郵送されてきました。

エコキュート設置後に必要事項を記入して郵送、後日に電力会社から確認に来るそうです。

今回の申請では8月末までに設置することになっていますが我が家の設置予定日は8月26日。予定より遅れたら9月になってしまうのでは??

そんなときは据付日をごまかすつもりです!!

しかし、先着順はすばらしい。これから申請する人はスピードが大事ですよ。

投稿者 takaya : 22:09 | コメント (0) | トラックバック

基礎工事進捗

5月16日 晴れ

天気も良く一気に,基礎工事も進んでいます。

まず,全体図。

IMGP2533.JPG


ちょっと,前に出てみます。

IMGP2534.JPG


高基礎と通常の基礎部全体図です。

IMGP2537.JPG


境を上から見ています。

IMGP2546.JPG


通常の基礎部分の根切り低部にはコンクリをうっています。

IMGP2543.JPG


高基礎と土盛り部分の隙間には再度,土を入れ転圧,割栗石を敷いています。

IMGP2539.JPG


一日でずいぶん進みました。だんだん,形になってきてこれからが楽しみです。

5月17日の夜からまた雨の予報です。果たして31日の上棟には間に合うのか。

投稿者 takaya : 21:59 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月16日

台所用配水管設置

5月15日 曇り

会社から妻に『今日作業している?』とメールしたところ『してないよ』との返信。

先週の土曜日の作業が雨で中止になったのに今日も作業無し?31日の上棟に間に合うのかな?

仕事から帰って現場を見ると少しだけ作業してありました。
妻が気づかなかっただけのようです。

今日の作業は排水用の塩ビ管を基礎に通しただけでした。

IMGP2530.JPG

IMGP2532.JPG

道路に面している台所用の配水管となります。

他にもバス、トイレ、洗面等ありますがこれらは反対側なのでまだ先になります。

投稿者 takaya : 06:03 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月14日

高基礎

5月12日 くもり

高基礎部分が一日で出来ていました。早い!!
型枠作りから配筋、コンクリまでが行われたようです。


IMGP2516.JPG


鉄筋が並んでいます。きちんと一列に並んでいるのが確認でき安心です。


IMGP2517.JPG


道路側も同様です。


IMGP2518.JPG


高基礎部分の幅は30cmと通常の基礎の倍の厚みです。
(通常に基礎は15cmが県民共済仕様です。)


IMGP2529-1.JPG


きになるかぶり厚をチェク!
約7.5cmですね。このかぶり厚は4cm以上は必要ですので合格!!


IMGP2524-1.JPG


鉄筋の間隔は約22cmでした。均一に配置されています。


IMGP2525-1.jpg


配筋の状態も写真に撮りたかったのですが残念です。
可能な限り写真に残していくことしか出来ませんね。


投稿者 takaya : 21:12 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月12日

敷地内の電線その後

上棟が5月31日予定しているので敷地内の上を通っている電線をその前に移動してもらわないといけません。

以前にも東京電力に電話してお願いしてあるのですが昨日,再び電話して確認すると
『予定では5月26日を予定しています。』
とのこと。

しかし,その後にNTTの線も移動しなくてはいけないのでNTTがすんなり対応してくれるか不安。

そこで,『上棟を5月28日に予定しているので26日ではギリギリなので可能な限り早くしてください。』と嘘をつきました。

すると,『遅くとも5月23日までには終わらせるように手配します。』との回答あり。

NTTには東京電力から連絡してもらい具体的なNTTの工事の日程も今度の月曜日には連絡してもらえるとの事。


電柱移動,電線移動といい色々面倒ですね。
営業マンがいればこの辺の事は全てやってくれるのでしょうけど埼玉県民共済では施主がするのです。


投稿者 takaya : 21:15 | コメント (0) | トラックバック

現場監督への質問

根切りについての疑問点を電話にて確認してみました。

1)コンクリートが半分しか敷き詰めていない。
 
最終的にはもちろん全週に耐圧盤を敷きます。(当たり前といえば当たり前ですけどね。)


2)深基礎の部分は元の地盤が支えるがその他の通常の基礎部分は土盛り部分が支えているが弱くは無いのか?

土盛りをしてから2週間たっているので大丈夫です。
転圧も土盛りの段階で何回かに分けて行い,根切りの時の根切り底部にも転圧,割栗石の敷き詰め時にも転圧をしており大丈夫です。


との事でした。
転圧ってそんなに利くのですかね?
そう言われれば信ずるしかないのですが何年も掛けて固まった地盤と機械で転圧した地盤では前者の方が安心するような気がするのは私だけ?

転圧に関しては,隣地の方が土盛りして転圧している時に業者に聞いたのですが『転圧すれば大丈夫だ』と言っていましたが。


心配すればきりが無いですね。


そうそう,上棟は5月31日を予定しているとの事でした。

投稿者 takaya : 21:14 | コメント (1) | トラックバック

2006年05月11日

根切り

5月9日 曇り

根切りを行いその上に割栗石を敷き詰めました。
埼玉県民共済住宅の仕様では基礎補強がある場合には砕石,無い場合には割栗石を敷き詰めると契約書に書いてあります。


不思議な事に高基礎になっている部分は捨てコンをはったのですがその他の部分は割栗石を敷き詰めただけでした。

IMGP2502.JPG

我が家は60cmの土盛りをしているため道路側は高基礎の仕様になっています。
でも何故奥側(道路で無い側)はコンクリートを打っていないのだろう?


まさかこのまま??って事は無いと思うけど。。。


それともう一つ,高基礎との境界は土のままです。


IMGP2510.JPG


これまた??これでいいのかな?

疑問点があるので後日,現場監督に聞いてみる事にします。


ちなみに,割栗石の状態はこんな感じでした。

IMGP2508.JPG


大小の石が敷き詰めてあります。素人なのでこれで良いのか良く分かりませんが当然転圧しているのでしょうね。


コンクリートの下にも割栗石が敷いてあるのがかすかに分かります。

IMGP2511.JPG


投稿者 takaya : 21:59 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月10日

エコキュート導入補助金申請受理されました

連休明けの5月8日にヒートポンプ蓄熱センターに確認したところ

『指定機器番号に不備があり受理できませんでした』との結果でした。


その時の結果がこの画面です。


指定機器番号の不備ってなんだよ。送付まえにコピーで残してあった申請用紙をみるとちゃんと記入してあります。
補助金対象の機器であることも確認できます。

これは電話で問い合わせないと。。。と思い翌日電話したのですが


『お客様の申請用紙は受理されていますよ』との回答?????


もう一度ヒートポンプ蓄熱センターのサイトで調べると確かに受理されている。

その時の結果がこの画面


昨日までは結果が反映されていなかったようです。
だったら『指定機器番号に不備があり』なんて具体的な内容を表示しないで未確認であると言ってくれればいいのに。。。


ともあれ,申請が受理されたので後日,受理通知書が郵送されてくるのを待ちます。


そして,据付後に所定の用紙に記入して送付すればOKです。

補助金5万円ゲット!!

そうそう,設置後に電力会社が確認に来るそうですよ。

埼玉県民共済住宅では,ただでさえ格安で導入できるのに更に補助金まで貰えるなんてとても得した気分!!


参考までに我が家のエコキュートはコロナ製の460リットルで約46万円です。

業界の方いわく,この値段は破格で通常は70万円位するそうですよ。

投稿者 takaya : 06:09 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月07日

水道加入金

基礎工事着工と同時に市町村へ水道加入金を支払います。

金額は各市町村で異なりますが参考までに私の建設予定地の加入金は171,000円

このうち3000円は業者の手数料でした。

契約時の一時金を支払った後に20万円近くの出費がありますのでご注意を!!

投稿者 takaya : 11:24 | コメント (0) | トラックバック

契約時支払い

契約時に契約金額の20%を支払います。

契約日から1週間から10日以内に埼玉りそな銀行へ現金振込みとなります。

私の場合、住宅財形を当てにしていたのですが支払日が埼玉県民共済指定の期日に間に合わなかったので2週間ほど遅れてもいいですかと問い合わせをしたのですがダメでした。

『親、知人などから借りてみてください』のような回答でした。

埼玉県民共済住宅は結構、支払いにはシビアです。

皆さん、契約前に20%は用意しておきましょう。契約してから資金集めは危険ですよ。

投稿者 takaya : 07:19 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月03日

埼玉縣信用金庫 住宅ローンキャンペーン

埼玉県人にはなじみの深い埼玉縣信用金庫、そこで住宅ローンのキャンペーンを実施中でなかなかいい商品だと思います。

詳細は埼玉縣信用金庫 住宅ローンキャンペーン

私が組んだJAの住宅ローンとほぼ同じですね。10年固定で2.1%の金利。

ただ、金利が決定されるのが契約時か融資実行日かは書かれていませんね。
要確認です。

私は決して、埼信のまわし者ではありませんよ。いいものは良いと紹介したまでです。

投稿者 takaya : 10:45 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月02日

電線が引っかかる

工事が着工して順調・・・と思いきや先の電柱移動に続いてちょっとした問題が。


敷地の上を東京電力とNTTの電線が通っているのですが狭い敷地にいっぱいに建てた我が家、このまま建てると電線に引っかかってしまいます。

先日、東京電力とNTTには電話で連絡しました。


既に着工に入っておりあまり時間がありません。

東電さん、NTTさん迅速に行動してくださいね。

投稿者 takaya : 14:35 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月01日

土地のローン全額返済しました

ゴールデンウィークの中日、銀行は開いているのでこの機会に土地ローンの全額返済手続きをしてきました。

残債は約61万円。現金で支払いました。

あとは抵当権の解除の手続き。ろうきん指定の司法書士への委任状を書いておしまいです。
2週間程度で抵当権は解除される予定です。

手数料は2万円程度で最後に清算するとの事。

なんか、すっきりした気分です。今月の給料からはローン支払い(5万円でした)が無くなりま~す!!
家計も一段落できるのではないでしょうか。


でも数ヵ月後に、また建物の住宅ローンが始まりますが。。。。。。

投稿者 takaya : 11:48 | コメント (0) | トラックバック