根切り

5月9日 曇り

根切りを行いその上に割栗石を敷き詰めました。
埼玉県民共済住宅の仕様では基礎補強がある場合には砕石,無い場合には割栗石を敷き詰めると契約書に書いてあります。


不思議な事に高基礎になっている部分は捨てコンをはったのですがその他の部分は割栗石を敷き詰めただけでした。

IMGP2502.JPG

我が家は60cmの土盛りをしているため道路側は高基礎の仕様になっています。
でも何故奥側(道路で無い側)はコンクリートを打っていないのだろう?


まさかこのまま??って事は無いと思うけど。。。


それともう一つ,高基礎との境界は土のままです。


IMGP2510.JPG


これまた??これでいいのかな?

疑問点があるので後日,現場監督に聞いてみる事にします。


ちなみに,割栗石の状態はこんな感じでした。

IMGP2508.JPG


大小の石が敷き詰めてあります。素人なのでこれで良いのか良く分かりませんが当然転圧しているのでしょうね。


コンクリートの下にも割栗石が敷いてあるのがかすかに分かります。

IMGP2511.JPG



投稿者 takaya : 2006年05月11日 21:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kenmin.biz/mt/mt-tb.cgi/233

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)