カーテン打合せ

県民共済提携業者と現地にてカーテンの打合せを行いました。

業者の方は女性でインテリアコーディネータと名刺に書いてありました。

名刺を頂いた後,業者の方は各窓の寸法を測りに行きその間にカタログをペラペラとめくっていましたが何せ分厚いカタログです,何処から見ればいいものか良く分かりません。。。


採寸が終わって話を聞いたのですがインテリアコーディネータの視点は私とは違ったところを見ているのが良く分かります。

クロスの柄,窓の大きさ・位置,照明とのバランスを説明してくれてお勧めのカーテンとカーテンレールを紹介してくれました。


これらのバランスは考えて選んだ分けではないのですが『重厚感のある部屋ですね。』との事でした。


重厚感ねえ~,そう言われればそんな気もします。


納期は本日中にカーテンが決まれば見積りをして1週間後には据え付けられるとの事ですが優柔不断な我が家では無理な話です。


とりあえづ,候補のカーテンを決めて業者から大きいサンプルを郵送してもらってから決めることにしました。

大きいサンプルといってもどの程度なんでしょうかね?


カーテンは妻が主導で選んでもらいます。女性のカーテンへの拘りは大きいですよね。
私は突拍子の無いものでなければ特に文句は言いません。


投稿者 takaya : 2006年08月21日 22:35

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kenmin.biz/mt/mt-tb.cgi/302

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)