引渡し


8月22日に無事,引渡し完了しました。
当初の予定では23日でしたが私の仕事の都合で無理を言って1日早めてもらいました。

22日の午後5時に新居に現場監督が来てくれまして引渡し開始。

最初に監督から『本日は引渡し,おめでとう御座います。』との挨拶ありました。

こちらこそ有難う御座います。満足のいく家作りが出来たのも(今のところですが)監督のおかげですよ。


引渡しはまず,サッシの使い方(ロックの仕方等)から始まりキッチン,建具(ドア)の調整方法,エコキュート使用方法,トイレの使用方法等がメインでした。

キッチン(IHや食洗器),エコキュートの説明等は一応は聞きましたが初めて使うものであり完全には理解できません。

やはり,使い込んで覚えるしかないでしょう。

あと,玄関の鍵を5つ頂きました。玄関の鍵を鍵穴に差し込むとあら不思議,今までの工事用の鍵は使えなくなりました。
一体どうなっているのでしょうね。


一通りの説明が終わると書類を受け取ります。

建物受領書,最終見積書,最終の支払い金額の確認と振込用紙,埼玉県民共済への住所変更届用紙といったものです。

あと,エコキュートの補助金申請用紙も埼玉県民共済住宅の社印を押して下さりました。


嬉しいことに『住まいのしおり』といって新居の各設備の取り説が一冊に纏めて渡してくれました。


PA0_0194.JPG


厚さ5cm以上,これなら無くならなくて済みそうです。

アフターメンテナンスは引渡し後1年は担当の現場監督に連絡をすれば良いそうです。
その後は写真に載っている『新都心事務所』へ連絡して下さいとのこと。


設計士さんとの打ち合わせが終わった時も寂しさを感じたのですが今回も引渡しが終わり現場監督ともお別れで寂しいなと思っていましたが,現場監督さん,あと1年よろしくお願いしますね。


投稿者 takaya : 2006年08月25日 05:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kenmin.biz/mt/mt-tb.cgi/304

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)