« 2006年11月 | メイン | 2007年01月 »

2006年12月31日

物置組み立て

今年の冬休みの最初のお仕事として物置を組み立てました。

完成写真は

monooki.JPG

近所のホームセンターで9600円で買ってきました。

本当は『100人乗っても大丈夫』のCMで有名なイナバ物置が欲しかったのですがもう既に予算が底を付いた我が家,取りあえずはこの安物物置でしのぎます。


組み立て自体は簡単な作業でしたが物置の板がペラペラで一番長い板の長さが150cm,しかも1人作業でしたのでやりにくかったです。2人いれば楽勝ですね。


付属のナットの数が3ケほど足りませんでした。クレームを付けようかとも思いましたが買っても100円程度ですし既に,開封して作業もしてたので買ってきました。


組み立てた感想ですがなんか雨でさびそうですね。ネジの部分から錆びが始まりだんだん周囲に広がっていきそうです。
まあ,安いので我慢します。とりあえず数年は持てば良しとしましょう。

組み立て後,外回りの掃除用具,子供の外用のおもちゃ,田舎から頂いた野菜と米をいれたら既に一杯。
もう一台必要か??

投稿者 takaya : 07:58 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月29日

埼玉県民共済住宅のエアコン工事

恥ずかしながら我が家の2階にはまだエアコンがありません。

エアコンは埼玉県民共済から支給の2台(10畳用,6畳用各1台)をリビングとダイニングに設定してあります。

その他は引越ししたのが9月と気候も良い時期だったので『あとでいいや』として先延ばしにしていました。予算も無かったしね。

さすがにもう,エアコンが必用なシーズンです。寒い・・・・・

エアコンを付けるには壁に穴を開けるので新居である事もあり埼玉県民共済住宅に頼むつもりでした。

近所の電気屋さんに頼んでも良いのですが

『壁に穴を開ける』

『筋交いにキズをるける』

『強度が低下』

『保証はどうなる』

といった具合で心配性な私としては埼玉県民共済住宅に頼んだほうが無難と判断しお世話になった現場監督に電話してみました。

すると,『埼玉県民共済の住宅部では工事中しかエアコンは設置できないんです。埼玉県民共済で頼むとなるとブライダルに依頼する事になります。』


ブライダルか~~~,それなら電気屋で頼むのと大差ないのではないか?

馴染みの電気屋に頼めば色々と融通も利くし。


と,言うわけで冬のボーナスを使いお正月休みが明ける前にエアコン設置したいと思います!!

投稿者 takaya : 22:59 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月28日

外構工事大失敗(2)

本投稿を読む前に外構工事大失敗(1)をご覧頂くと流れが判りますよ。


玄関側の仕様も決め,材料の入荷に1週間ほどかかるとの事だったので1週間は待ちました。

1週間後,工事始まらず。

もう1週間だけ待ってやるかと思い我慢。。。だが始まらず。。。


我慢できなくなりE社へ電話。すると奥さんが出ました。

仕様を決めて2週間も経つのに何故,工事が始まらないのか詰め寄ると

『特注の製品ですので入荷に時間が掛かっています。』との事。


特注品???カタログから選んだんだよ!!!


そう切替すと

『すみません,社長がいないと詳しい事が判りませんので。』

『失礼ですが奥様ですよね。奥様も仕様を決めた時に同席していましたよね。』と更に詰め寄ると何と応えたと思います。


『私は事務員ですので分かりません。』


『奥様ではないのですか??』

『はい,事務員です。』


どうみても声が奥さんでしょう。それに何度か事務所に行っているけど社長と奥さん以外に見た事もないし事務員を雇うほどの業者ではないだろう。

明らかなウソ。特注品のウソといい事務員のウソといい。。。何て業者だ


これ以上話しても意味が無いので

『社長が帰ったら直ぐに電話下さい。』と伝えて電話を切りました。


-続く-

投稿者 takaya : 21:54 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月26日

IHの便利な使い方

IHを使い始めて約3ケ月,我が家の妻が変わった(便利な)使い方を考えましたので紹介します。


天ぷらなどの揚げ物をするときってレンジの周りに油が跳ねてベトツク事って良くありますよね。


そこで我が家ではこのようにして見ました。

IH-1.JPG


IHの特性をうまく利用したものだなと感心。


新聞紙には電気が流れないので発熱することはありません。
新聞紙がカバーになってレンジ周りが油汚れになる事もありません。


ちなみに,使用後の新聞紙はこんな感じ。

IH-2.JPG


鍋の下が鍋の熱で焦げていますが燃えてはいません。
石焼イモを買うときの匂いがほのかにします。


新聞紙をとり軽くふくだけできれいになります。


IH-3.JPG


皆さんの家庭でも試してみては如何でしょうか?


もしかしたら発火するかもしれませんのでもちろん,自己責任でお願いしますね。

投稿者 takaya : 00:01 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月23日

H18年12月の電気代請求

来ました,冬本番!!

電気代も一気に駆け上がっています。


我が家の電気契約;電化上手の6KVA

今回の請求期間;11月20日~12月18日の29日間

基本料金:1200円
昼間料金:2948円(117KWh)
朝晩料金:6638円(327kWh)
夜間料金:2989円(427KWh)
燃料調整: 174円
割引1 :▲889円(全電化・機器割引額)
割引2 :▲ 50円(口座振替割引)
消費税 : 650円
-----------
合計 :13660円 

きましたね~一気に4千円アップ。

更に冷え込む来月はどうなるんでしょうか?


投稿者 takaya : 00:09 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月15日

不動産取得税奪還計画・・・失敗

私の場合,土地を先行取得していたのでその時に不動産取得税を支払いました。

不動産取得税は土地を購入してすぐに家を建てれば免除になる特例があります。

すぐに家を建てなくても通常で2年以内に建てれば同様に免除になります。
私が不動産取得税を支払った時は3年以内の特例がありました。


土地を購入後は資金も底を付いたこともあり3年以内に建てるか分からなかったので払いたくなかったけど不動産取得税を支払いました。


そして,今年(2006年)が土地取得の3年後。

もしかしたら税金を取り戻せるかもと思い行動を起こしました。


まず,税務署に電話で問い合わせましたが
『税務署は国税を取り扱うので不動産取得税は県税ですので分かりません』

とのこと。


次に,県税事務所に電話をしました。


状況を説明して税金が帰って来るか尋ねたところ
『3年以内でしたら帰ってきますよ。』との事でした。

しかし,我が家は土地の登記が3年前の3月,そして家の登記が今年の10月。
(基準が土地,建物の登記した日が基準になるようです。)

厳密には3年と7ケ月。。。

これだと駄目だと言われました。きっちり3年以内だと。

『3年目の年ではダメですか?』と食い下がるも結果は。。。


まあ,ダメもとで確認しただけでしたけど少しでも淡い期待もあっただけに少しがっかり。


ちなみに,不動産取得税   10万円以上払いましたよ!

投稿者 takaya : 21:04 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月09日

車庫のガレージ

新居には車庫にガレージを付けています。

車を運転するようになってから約20年になりますがガレージ付の車庫に車を停めるのは初めてです。


今の車はホンダのCR-V。今年で10年目になりますがまだまだよく走りますよ。


最近はめっきり寒くなり朝起きると霜が降りている日も多くなりました。


霜は当然,車の表面にも降りるのですが不思議な事にガレージの下にある車には霜が降りません。


ガレージの屋根の上には霜が降りているのでガレージの屋根が傘になっているような感じです。


車に霜が降りると雨が降っていない日でも車が汚れるんですよね。


霜が昼間に溶けて水滴になり車の表面に汚れが付着するのでしょうね。


愛車のCR-V,10年経ってやっとガレージ付きの車庫におさまることが出来ました。


結婚して子供が出来,車は中も外も荒れ放題になっていますがこれからは少しは手入れ(掃除)をしてきれいに保っていこうかな?


投稿者 takaya : 06:21 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月07日

エコキュートの保温

新居に住み始めて3ケ月,初めは良く分からなかったエコキュートの使い方も分かってきました。

がっ,未だに分からない事も。。。


エコキュートでお風呂にお湯を張り,張り終わるとそのまま保温モードに入るのですがこの保温の仕組みが今一つ?


バスタブの温度が下がると給湯口からお湯がでるのですがお湯が出てもバスタブの湯量は変わらないんです。


と言う事は,新しいお湯を入れてその分の量をバスタブから捨てているの??


そんな不経済な事をするのかな?省エネが叫ばれている今の時代に。


どなたか判る方いらしたらコメントお願いします。


投稿者 takaya : 23:15 | コメント (1) | トラックバック

2006年12月05日

家屋調査終了

12月4日の10時から市役所の方が来られて家屋調査を実施しました。

今回の家屋調査により家の評価額を決定して固定資産税が決まります。

家屋調査自体は簡単なものでした。家の周りと中をさらっと見て,最後に
平面図を見ておしまい。

市役所の方の話では,県の不動産取得税にギリギリで引っかかるかもしれませんね~
との事でした。

県に支払う不動産取得税は控除額が1200万円あって(評価額 - 控除額)×税率(3%)です。

と言うことは,県の評価額は1200万円前後って事?


県の評価額は県で決めるので市役所では分からないそうです。

もし,支払うことになってもギリギリでオーバーでしたら大した金額ではないでしょう。

一方,市に支払う固定資産税の方ですが,評価額については教えてくれませんでした。(というより現段階では決まらないみたいです。)

一般に,新築の家の評価額は購入価格の5~7割程度らしいです。

固定資産税の計算式は

課税標準額 × 税率(1.4%)

ただし,床面積120m2までは税額が1/2になる軽減措置があるようです。

来年の5月に市から納税通知が来ます。一体幾らになるのやら。。。

なお,家屋調査ですが3年に1回の割合で実施(見直し)されるそうです。
そして,家屋調査実施済みのワッペンを頂きました。よく,玄関に貼ってあるあれですね。

投稿者 takaya : 05:20 | コメント (0) | トラックバック