« 2007年06月 | メイン | 2007年09月 »

2007年08月25日

夏の県民共済住宅(2007)


今年(2007年)の夏は暑かった(まだ終わっていませんが)
熊谷では40℃を超える日もあり記録を更新した模様です。

そんな中,我が家は新築して初めての夏を迎えました。

県民共済で過ごした夏は・・・やはり暑かった。

新築で断熱もしっかりしているとはいえ,やはり暑いです。
40℃を超えるようではもうどうしようもないくらいに。

我が家では寝室にクーラーが無い(予算の都合)ため暑くて寝られない日が2日ほどありました。
寝汗で朝起きたら汗びっしょりというのも数日。

まあ,日本一暑い地域でのことなので仕方ないとは思います。


私が当初目指していた高気密・高断熱の家だとどうだったんでしょう?

高気密・高断熱の家では窓は閉めきってエアコンを弱で一日中動かして過ごすので快適でしょうが電気代はどうなのか?


ですが,以前すんでいた雇用促進住宅とは断然違います。
雇用促進住宅ではコンクリート造りのため夜になっても暑い,エアコンを付けていても暑い状態でしたのでそれから比べれば天と地の差です。

投稿者 takaya : 07:39 | コメント (0) | トラックバック

2007年08月24日

電気コンセントのガタ


我が家のリビングにあるコンセントの内の1つがガタがありましてコンセントの枠が左右に若干動きます。

新築のときからガタは多少あったのですが1年住んでみて改善されない(当たり前)のでガタも若干大きくなってきた気もするので現場監督へ連絡しました。

埼玉県民共済住宅のアフターフォローは引渡し後1年間は現場監督が行いその後はさいたま市の県民共済の住宅部へ移るので我が家はもうすぐ引渡し後1年,現場監督に連絡できるうちにと思って今日連絡したのです。


我が家の担当をしてくれた現場監督はとても爽やかで気さくなのでついつい頼りにしてしまいます。


コンセントのガタの他にリビングのエアコンの下のクロスに若干のヒビ割れが生じているのでここも見てもらおうと思っています。


家作りだとアフターの心配をする人も多いと思います。

我が家の場合も義父が『アフターのしっかりしている会社でないと安心できないよ。』
と忠告してくれました。

埼玉県民共済住宅のアフターはどうか?と聞かれれば担当してくれた現場監督次第と思います。

この辺は運ですね。現場監督は建てる地域によって決まってしまいますので。

我が家は現場監督に恵まれラッキーでした。

投稿者 takaya : 08:18 | コメント (2) | トラックバック

2007年08月20日

娘の歯が抜けました


我が家の娘は幼稚園の年長さんなのですが先週1本,今週1本と乳歯が抜けました。

娘はテレビ(ディズニーチャンネル)の影響を受けて

『歯が抜けると歯の妖精さんが取りにくるんだよ!』

しかも

『そしてコイン(500円)を置いていくの!!』

と申しております。


??何故500円を置いていくのか??


と不思議に思いましたが娘の一途な思いを壊したくないので枕元に500円を置いておきました。

私の子供の頃は『上の歯が抜けたら縁の下に,下の歯が抜けたら屋根に投げると良い歯が生えてくる。』

と言われていましたが時代は変わっているのですね。妖精さんですか。


今回,娘の歯が抜けるのを見ていて感じたのですが人間の歯は1本ずつ抜けるようになっているんですね。

いっぺんに抜けると食べ物が食べられなくなるからそういう風になっているのでしょうか?


変なところに関心を示すパパでした。

投稿者 takaya : 06:44 | コメント (0) | トラックバック