« 2008年05月 | メイン | 2008年08月 »

2008年07月21日

株式会社!県民共済住宅


久々,県民共済住宅部より郵便物が届きました。
内容は,他の方のブログで既に話題となっている県民共済住宅部の株式会社化の事についてです。

なんでも2008年4月から施工された生協法の改正によって,
『共済契約者の保護として共済事業の元受を行っている生協は,共済以外の事業を生協本体で行う事は禁止』
となった事を受けて埼玉県民共済が100%出資する完全子会社『株式会社 埼玉県民共済住宅』を設立して事業を引き継ぐ事になったようです。

良く分からないけど法律改正に対応した事なのでしょう。

新会社では8月1日から事業を開始し新規の受注もアフターサービスも対応するとの事。

また,利益を追求しない経営理念も変わらぬ事なので安心しました。

今回のお知らせで最後に書いてあったのですが

『また,リフォーム等の要望がございましたら(株)埼玉県民共済住宅にお気軽にご相談下さい。』

今まではリフォームはやってなかったですよね,これからはリフォームにも進出するという事でしょうか?

リフォーム業者って信頼していいのか分からないので埼玉県民共済住宅でリフォームもしてくれるとなると選択肢が増えて私達としては助かります。

リフォームの見積りは壁や床を剥がして見ないと分からない部分が多いので見積もりは最大で掛かる費用で算出していると聞いた事があります。
ですので補修が少なければそれだけ業者の利幅が大きくなる,結構リフォーム事業はおいしい商売だそうです。

『埼玉県民共済住宅でのリフォーム』なんてブログを20年後に書いているかもしれません。

投稿者 takaya : 23:22 | コメント (0) | トラックバック

2008年07月14日

壁にヒビの補修(2)


前回,我が家の壁の塗装を行ったK塗装の親方が入院してしまったので別の業者のU塗装が対応するとのことになっていました。

夕方,家の電話にU塗装から電話があり妻が対応したのですがその時の会話の内容が

『お宅が今すぐに補修しろというから明日の予定の仕事を変更してお宅の補修を行うんだ。できればやりたくないんだがね。』

もちろんこんな話し方では無かったのですが内容を要約するとこんな感じだそうです。

別に今すぐ対応しろと言った覚えは無いんですけど。期日をあやふやにしないで欲しかったのですが電話ではうまく伝わらないです。

こんな感じで気まずかったのですが,その後,入院していたK塗装の親方から電話があり『もう退院して大丈夫なのでうちで対応します。早速,明日にでも』

???

なんだかよく判らないな~

翌日は土曜日でしたが私は仕事でした。
携帯電話が鳴り

『K塗装ですが壁の補修は今日対応しようと思うんですが。』

(私)
『入院してたんですよね,無理に今日しなくても構いませんよ。』と言ったのですが

(K塗装)
『大丈夫です,明日からまた雨が降るようなんで今日,やっておきたいんですよ。』

(私)
『そうですか,ではお願いします。無理しないでくださいね。家内も出かけてしまうので家に誰もいないけれど大丈夫ですよね。』

(K塗装)
『大丈夫です,では今日補修しますんで!』

会社の昼休みに家まで帰って(自転車で10分ほどなので)確認してみると既に作業終わっていました。

仕事はきっちりやってくれてました。実際の作業風景も見たかったのですが午前中で終わるとは思ってもいなかった。。。

今回の件で若干の不信感を県民共済に持ってしまった。。。
親方が入院するというハプニングはあったものの県民共済の住宅部(アフター部門)が連絡するといったにも関わらず何も連絡してくれなかった事は非常に残念です。
補修の進捗のフォローも行っていない事も残念でした。

私も気短になってしまった部分もあると反省しています。

いずれにしろ,後味の悪い結果でした。。。

投稿者 takaya : 23:28 | コメント (1) | トラックバック

2008年07月08日

エコな生活

娘は現在,小学校1年生。洞爺湖サミットが開催されているので学校で先生から『地球に優しいエコな生活をしましょう。無駄な電気を使わないようにね。』
と言われたのだそうです。

早速,家に帰った娘は
『ママ,地球温暖化が始まっちゃうよ,電気切って切って!』と大騒ぎ。

そんなわけで,料理に使う電気だけは別として照明は使わないでローソクを使って一晩生活しました。

百均で買ってきたローソクを6本点し薄暗い中で食事をしたのですがこれが結構,新鮮な気分!

しかし,外から見てみると薄暗い部屋にローソクの炎がゆらゆら揺れている風景は『電気を止まられた家』にしか見えません。。。

お風呂は暗いと怖いので電気を付けても良いのかと娘に聞くと『ダメ~』

ローソク 2本をお風呂に持っていったのですが,意外と結構明るいのです。

ユニットバスだと光を反射しやすいんですね。特に大きな鏡があるので明るさは十分でした。

このエコ生活,何故か夜の10時までと決めていたらしく10時になったら蛍光灯解禁!
一気に明るくなった部屋に文明の素晴らしさを実感します。

たまにはこんな生活も良いものです。
ローソクの炎が神秘的ですしTVも付けないので食事のときの会話も多くなります。

火を使うのでくれぐれも気をつけて,月に1回位はこんな日があっても良いかもしれません。

投稿者 takaya : 23:23 | コメント (0) | トラックバック

2008年07月02日

壁にヒビの補修(1)

壁にヒビが入っていることは以前紹介したのですがその後の経過です。

結果から言って,何も進んでません。。。

5月連休前にヒビを発見して県民共済の住宅部へ連絡,5月連休後に壁を施工した業者を行かせるとの事でした。

5月連休明け早々に約束通りK塗装が来てくれて診断し,県民と相談して今後の対応を決めますとの事でした。

ですがその後,1ケ月以上経っても何の連絡もありません。。。。。

痺れを切らして県民へ6月20日に電話すると

『K塗装の親方が入院してしまい連絡が付かない状態です。再度,K塗装へ連絡を試みて翌日にお電話します。K塗装で対応できない場合は他の業者も含めて対応し6月中には終わらせたいと思います。』

との事でしたが,翌日になっても電話来ません!!!

どうしたの,県民共済の住宅部,アフター部門~~~~

県民共済は対応が早いと評判ではなかったの~~~~


1週間後,またまた痺れを切らして電話して今までの経緯を説明。

すると帰ってきた答えは
『もう一度,業者へ連絡して確認し7月か8月頃には終わらせたいと思います。』

さすがに今度は強く出てみました。
『4月からお願いしていてもう6月ですよね。もう梅雨にも入っていますよ。7月か8月なんて曖昧な答えじゃなくて何時までに誰が(どの業者)が対応してくれるのか明確にしてくれないと困ります!!』

すると,

『もう一度相談してお電話します。』

結局,入院しているK塗装は動ける状態ではないので別のU塗装が後日,伺って対応させるとの事でした。

大丈夫か??県民共済住宅部アフター部門!!

投稿者 takaya : 21:53 | コメント (2) | トラックバック