« 2008年12月 | メイン | 2011年01月 »

2010年12月30日

JA住宅ローン 年末残高証明書の手数料が無料に


昨日、JAに出向いて住宅ローンの年末残高証明書を取りに行ったのですが
昨年まで420円の手数料が税込みでかかっていたのですが今年から無料に
なりましたと言われました。

いや~嬉しいですね。
払う気まんまんで行ったので思わず『えっ』と言った気がします。

他の金融機関では無料で発行してくれるところが多いですからね
顧客サービスをしないといけないと思ったのでしょう。

こうなったら郵送のサービスもしてくれると嬉しいのですが。
来年以降、期待したいです。

ちなみに、私は住宅ローン減税は今年は確定申告で行います。

会社への書類提出が遅れたのでこうなったのですが、たいして難しくないので
確定申告で還付してもらいます。


投稿者 takaya : 08:52 | コメント (0) | トラックバック

2010年12月29日

キッチン水漏れ疑惑?


年末の大掃除をしており昨日はキッチン周りを集中して掃除していました。

シンクの下に収納用の引き出しがあるのですがその奥を掃除していると水が。。。

何故水気があるのだろうと思いつつ引き出しを外して中を入念にみたところ
うっすらと濡れていました。

しかし、不思議なことに水が流れた後が見つからないんです。

水道を出して排水してみても漏れている箇所は見つからない??

いったい何処から水が流れてきたのか、不思議です。


県民共済にクレームしようかとも思ったのですが今の状態では
『異常見当たらないですね、様子見ましょう。』で終わりそうなので
年末年始の連休中にはっきりとした証拠を掴んだら連絡しようと思います。

投稿者 takaya : 09:43 | コメント (0) | トラックバック

2010年12月28日

埼玉県民共済新商品?


住宅ネタでは無いのですが埼玉県民共済から通知が来まして
『医療・生命共済』という保障の紹介がありました。

今まで加入していた生命共済からの移行が可能で掛け金も同じ、変更点として
は入院1日あたりの金額が生命共済は4500円で124日までなのに対し医療・
生命共済では8000円で120日までと保障が大きくなりました。(病気の場合)

事故の場合は生命共済は5000円で184日までなのに対し医療・生命共済では
8000円で120日までと給付日数が減りますが120日以上の入院をすることは
少ないと思いますのでこの場合も改善されていると思います。

ただし、全てが改善されるわけではなく生命共済では通院、後遺障害の
保障もありましたが医療・生命共済では無くなっています。

これらのデメリットを考慮しても医療・生命共済の保障は良くなっているの
ではないかなと個人的には思っています。

やはり入院1日あたりの金額が多くなっている効果は大きいと思いますよ。

生命共済に加入している人でしたら来年の2月末までに移行の手続きをすれば
健康告知は不要になるそうです。

我が家は私と妻も生命共済に加入しているので二人して医療・生命共済へ
移行しようと思います。


投稿者 takaya : 07:47 | コメント (0) | トラックバック

2010年12月11日

埼玉県民共済住宅のアフターサービス


ネット上で埼玉県民共済のアフターは良くないとの書き込みを見たことが
あります。

民間の住宅会社のように○年点検といったものはありませんので不具合を
自分で見つけて県民共済の住宅部へ連絡するといった手順になりますね。


我が家の場合、新築後4年で修理をお願いしたのは3回。

洗濯機の水漏れと外壁のヒビ(パネル継ぎ目の部分)と床鳴りの時でした。

外壁のヒビの時は少々のトラブルがありましたがその他は特に不満に思う
事は無くむしろ対応早いな~と感じています。

詳細については後日、紹介しますね。


投稿者 takaya : 23:48 | コメント (0) | トラックバック

2010年12月10日

4年経過後の住み心地について


早いもので埼玉県民共済で新築してから4年が経ちました。

4年も経ちましたが長期出張や旅行をした後、我が家に帰ると新築の匂いが
まだしています。

毎日生活しているとそんなことは感じないのですけどね。

特に畳の匂いはまだ残っているようです。


埼玉県民共済住宅は安いから性能が悪いんじゃないかという書き込みも
ネット上では散見しますが私は特に悪い住宅だとは思っていません。

やはりコストパフォーマンスは優れていると今でも感じていますので
『家はこうでなければ』という強い拘りを持っている人ならば別ですが
標準的な住宅を安く建てたいという方にはぴったりだと思います。

細かなこと、日々感じていることなどこれから少しずつアップしていきたい
と思います


投稿者 takaya : 22:45 | コメント (0) | トラックバック