Mainページ 住宅ローン > 住宅ローン金利引き下げ競争

住宅ローン金利引き下げ競争


たいていの銀行の場合、住宅ローン金利の見直しは月初めにするのが
多いのですが今月は大手都市銀行の2行が月の半ばで住宅ローン金利
の引き下げを行いました。


みずほ銀行では2年固定の最優遇金利を、10日に年0.95%から0.55%
へ引き下げを行いました。

ちなみに、2年固定のこの金利は変動金利0.775%よりも低い
設定になっています。


次に、三菱東京UFJ銀行も21日から3年固定の金利を1.4%から
0.75%に引き下げました。

三菱東京UFJの変動金利は0.775%ですのでこちらも変動金利より
低い設定になっています。


『変動金利よりも低い固定金利』との見出しで顧客を掴もうとしている
のかも知れませんが、2年や3年固定なら30年以上も払い続ける
住宅ローンですので『ほぼ、変動金利』と見なして良いと思います。

上記の両銀行が埼玉県民共済住宅の提携ローンとなっているのかは
私には不明ですが、とにかく、低い金利がいいと考えている方は変動金利を
契約したつもりで選択肢になるのではないかと思います。


Mainページ 住宅ローン > 住宅ローン金利引き下げ競争

投稿者 takaya : 2014年01月28日 16:19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kenmin.biz/mt/mt-tb.cgi/420

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)